忍者ブログ
北海道の田舎で暮らしています。 色々やってみています。

野付半島のネイチャーセンターから
もと来た道の方に戻る。






尾岱沼側に見えるのはナラワラなのかな?
こっちは立ち枯れした木がたくさん並んでいる。





途中にある一本だけ立ち枯れした?木。
枯れた木を目印に埋めているのかも。
いつも通るたびに何だろうって不思議に思う。






半島の根元部分まで戻ってきた。
個々の部分の途切れた林も
何か意味があるのかな~?






しれっと標津町役場に到着。





ここもちょっとだけ見ていく。






これはSLの神社なのかな~?





根室標津駅の転車台跡。
根室標津駅の文字はもしかして昔駅についていたやつなのかも。






転車台につながる線路はもう草に覆われていて
随分長い時間がたっていることが分かる。






SLは黒光りしていてピカピカ。
大事にされている様子がうかがわれる。





もう変わることのない信号機は
今でも空に向かって誇らしげにしている。
何となくさみしい気持ちになってきた。






陽も傾き始めているけど
もう少し走ってみる。
開陽台にでも行ってみようかなと思っていると・・・。





クテクンの滝との標識を見つけたので
道を曲がってみることにした。






しばらくこんな林道を走る。
少しづつ暗くなり始めているが
それ以上に暗く感じる。






小さな駐車場スペースに到着。
看板をみると1.2キロほど歩くとのこと。






その歩いていく方向を見てみたが
これは明るい時間でも無理だ・・・。
来た道を舗装道路まで戻ることに。





で、開陽台に到着。
もう夕暮れの時間だ。






キャンプ場はカップルが1組のみ。
貸し切り状態だ。






その代わり遠くには牛がたくさん。
こんなにウヨウヨしているの初めて見た。






バイク乗りの聖地である開陽台。
いつかは自分も・・・と思っていたのはもうずいぶん昔の記憶。
今はすぐに来られる場所にいるってのも
何だか現実味がない。






最後に根室ランチウェイのスタート地点。
フットパスとかは絶対に自分向きの趣味ではないが、
ちょっとだけ気分を味わってみる。





ここからほんの少しだけ歩いてみよう。






牛を間際で見られる展望台まで来てすぐに引き返す。
カメラをいじっていると牛の皆さんにいつの間にかガン見されていた。
赤い服だったから気に障ったのかな~?


まぁ、今日のところはこの辺でそろそろ帰ろうかな。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
トオル
性別:
男性
職業:
なんちゃってサラリーマン
趣味:
放浪
自己紹介:
風花雪月の庭へようこそ。
四季折々に色々なことをしたいです。
北海道の片田舎でゆったり過ごしています。

『庭』を謳ったブログではありますが
その時々、興味のあることをネタにしていきます。
たぶん、家庭菜園やメダカ飼育、自転車にバイク、
キャンプあたりがメインになるかも。

よろしくお付き合い下さい。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者カウンター
現在の閲覧者
最古記事
標津町ポー川史跡自然公園に行ってきた その1 2019.6.9  HOME  春になったので野付半島に来てみた その1 2019.6.2

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]