忍者ブログ
北海道の田舎で暮らしています。 色々やってみています。


今回のキャンプの目的の一つである
新幹線の駅を見に行く。
画像中央が車両基地。
右下にあるのが新函館北斗駅。

キャンプ場から車で10分程度の距離。








新函館北斗駅に到着。

ちなみに自分以外の家族はGWに新幹線に乗って
東京まで行っているので、
こちらは2回目の来訪。

その時は父ちゃんはお留守番だったので初めてと思いきや、
実は父ちゃん
昨日コンビニを探しに駅まで来てたんだよね。
無かったけど。
なので2回目w







駅の前はこれから田んぼだった場所に
ガンガン建物が建っていくんだろうね。
大きなホテルが建設中だった。







中を散策すると結構たくさんの人がいる。
印象的には新幹線の乗客7割、
駅の見学3割って感じかな。
せっかくなので時間を合わせて生新幹線を見たい。







中は真新しい展示物もあり
多少の時間は楽しめる。
アイヌ文化を紹介する展示は父ちゃんも結構楽しめた。







画像の左手が新幹線。
右手が在来線。
もともとあった渡島大野駅はこんな感じだったのかな。
Wikipediaの新函館北斗駅の項目には
ほんの少し前まであった駅の様子が分かる画像があった。








駅の北口まで行くと田んぼにずーしーほっきーがいた。
せっかくだけど電柱がなぁ・・・。








そろそろ新幹線が到着する時間なので
展望できる場所に移動する。
画像奥に新幹線の最北端が見える。








新幹線が到着するとフラッシュの嵐。
特別鉄道に興味のない父ちゃんも何だか嬉しい。
札幌には2030年(平成42年)には来るみたいなので
その時には乗ってみたいなぁ。
これから14年後か。
子どもたちは間違いなく一緒にいないなぁなんて考える。








お土産屋さんには函館のお土産が一揃いある。
その中でも異色だったのが北斗市にちなんだ北斗の拳のお土産。
トラピストバター飴の横にさらっと置いてあるし。







こんな銅像もあった。
もうこれの大きいのを駅前に建てちゃえば良いのにって思った。








駅のよこではプレハブが並んでいて
北海道おもてなしステーション2016が開催中な様子だった。
なんかたべたいなぁ~と思ったけど
駅で大沼だんごを食べていたので
こっちは見るだけにする。








駅前はまだまだ田んぼを更地にして間もない感じ。
あと数年後には全然違う景色になっているんだろうな。
リアルシムシティな感じになるのかも。








少し右手に視線を移すと
矢印のあたりがキャンプをしている
きじひき高原のあたりがうっすらと見える(気がする)。
もしかしたら違うかもしれないけど。

上から眺めたときは結構近くに思ってたけど
結構距離ありそう。





まだまだ時間があるので次の場所に移動する。






もう少し続きます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
トオル
性別:
男性
職業:
なんちゃってサラリーマン
趣味:
放浪
自己紹介:
風花雪月の庭へようこそ。
四季折々に色々なことをしたいです。
北海道の片田舎でゆったり過ごしています。

『庭』を謳ったブログではありますが
その時々、興味のあることをネタにしていきます。
たぶん、家庭菜園やメダカ飼育、自転車にバイク、
キャンプあたりがメインになるかも。

よろしくお付き合い下さい。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
現在の閲覧者
最古記事
北斗市 きじひき高原キャンプ場に行ってくる 2016.9.17-9.19 その4  HOME  北斗市 きじひき高原キャンプ場に行ってくる 2016.9.17-9.19 その2

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]