忍者ブログ
北海道の田舎で暮らしています。 色々やってみています。


世間はお盆休みということで
ウチもちょっと子供達に夏休みらしいことをさせねばと、
エルム高原オートキャンプ場に行く。
ちなみにこの建物はセンターハウス。
受付とトイレ、自販機での購入はここになる。
あと、炭や網も売ってた。





キャンプ場を見渡すとどこもかしこも人だらけ。
さながら難民キャンプ状態。







川と谷を挟んで向こう側にある家族旅行村も
やはり同じく難民キャンプ。






今回から新しいテントとなり初の設営。
テントは概ね問題なく張ることができたが、
メッシュシェルターの設営で若干手間取る。





ゴミは入場の際、400円を払うとゴミ袋が渡され、
帰りにおいて帰ることができる。
あと、2時間200円のレンタルサイクルの置き場所もここ。
軽トラの後ろに数台置いてあった。





水場はほどよい位置間隔である。
今回は早め早めに食事準備をしていたこともあり、
そんなに混んでいない印象。





ウチにあてがわれたのはこの2区画分。

値段は1区画分。
杭の間隔が5メートル程度。
1区画分ではテント+スクリーンもしくはタープだと
かなり狭く設営が厳しいだろうなぁと思う。

一番上の段だったので、景色は大変良い。
一段下の段のサイトは野外炉付きだった。





場内を散歩するとコテージ群がある。
中には2階建ても。
こちらも野外炉がついており
食材だけ調達すれば宿泊できそう。





駐車場は番号=サイトの番号となっており
必ず駐車できるので良い感じだった。
ただ、地面が水が湧き出て流れているところにあたってしまうと
荷物の搬入の際にちょっと注意が必要かも。





今回はとりあえずたいしたすることもないので
さっさと飯にする。





ご当地ジンギスカンを食べ、
この後は入場の際にもらった家族旅行村の温泉(ゆったり館)の入浴券で
湯に浸かり、さっぱりしてから就寝。
ちなみに温泉も芋洗い状態だった・・・。





エルム高原オートキャンプ場
http://www.akabira.net/index.html
赤平市幌岡町375-1

入場料 大人1,000円、子供500円(ゆったり館の入浴券付き)
テントサイト料金 2,000円(その他サイトの設備によりいくつかの値段設定あり)

買い物は赤平市街もしくは滝川市街が近い。
滝川市街ならショッピングセンター的な場所が数カ所あるので、
たいていの買い物ならこっちに行った方が便利。








拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
トオル
性別:
男性
職業:
なんちゃってサラリーマン
趣味:
放浪
自己紹介:
風花雪月の庭へようこそ。
四季折々に色々なことをしたいです。
北海道の片田舎でゆったり過ごしています。

『庭』を謳ったブログではありますが
その時々、興味のあることをネタにしていきます。
たぶん、家庭菜園やメダカ飼育、自転車にバイク、
キャンプあたりがメインになるかも。

よろしくお付き合い下さい。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者カウンター
現在の閲覧者
最古記事
滝川市 美術自然史館とこども科学館  HOME  腐海水槽

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]